プレスリリース

木育×プログラミング教育を提供する「MOCKUPプログラミング教室」が「2019年度グッドデザイン賞」を受賞

リリース発行企業:株式会社武田林業

情報提供:

国内有数の林業地「愛媛県内子町」を拠点に林業を題材にした児童向けプログラミング教育を提供する「MOCKUPプログラミング教室(モックアッププログラミング教室)」が、このたび教育活動の分野にて2019年度グッドデザイン賞を受賞しました。2020年に本格化するプログラミング教育を目前に、中山間地域における児童向けプログラミング教室を林業という異ジャンルからアプローチして展開していることが、高く評価されました。当社では、今後も多くの方々へ「木育×プログラミング教育」を提供することを目指し、この受賞を記念して「グッドデザイン賞受賞記念 入会金0円キャンペーン」を開催します。


MOCKUPプログラミング教室の教育活動

■グッドデザイン賞受賞記念 入会金0円キャンペーン
対象教室:MOCKUPプログラミング教室 内子
教室会場:〒791−3301 愛媛県喜多郡内子町内子2899−1(うちこの和 店舗2F)
キャンペーン内容:入会金が無料(通常は入会金おひとりにつき税別10,000円)
キャンペーン対象:小学生(ご参加の地域・校区は問いません)
キャンペーン期間:2019年10月2日(火)から11月4日(月)までのご入会者が対象


《MOCKUPプログラミング教室》について
 当教室は児童を対象とするプログラミング教室です。国土の約7割を占める中山間地域にて「木育×プログラミング教育」を普及し、次代にIT視点をもった林業の担い手を育成することを目的に、愛媛県内子町を拠点に塾を運営するほか、中山間地域などへの出前授業、教材の開発をしています。中山間地域の豊富な木育資源を活用して、林業を題材にプログラミング教育を実践するユニークな教育活動です。

・代表団体:株式会社武田林業
・協力団体:内子町
・後援団体:内子町教育委員会
・特設WEBサイト:https://mockmock.jp/


《株式会社武田林業》について


会社名:株式会社武田林業
所在地:愛媛県喜多郡内子町寺村2478−6
代表者:代表取締役 武田惇奨
設立:2017年4月26日
事業内容:林業サービス、木工・プロダクト企画販売、
林業振興業、イベントサービス業


グッドデザイン賞受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2019」に出展
本年10月31日(木)から5日間にわたり、東京ミッドタウンで開催される、最新のグッドデザイン全件が集まる受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2019」において、MOCKUPプログラミング教室の教育活動が特別展示で紹介されます。

GOOD DESIGN EXHIBITION 2019 – 2019年度グッドデザイン賞受賞展 –
会期:10月31日(木)~11月4日(月・祝)
会場:東京ミッドタウン(東京都港区六本木)
http://www.g-mark.org/gde2019/


グッドデザイン賞とは
1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を継承する、日本を代表するデザインの評価とプロモーションの活動です。国内外の多くの企業や団体が参加する世界的なデザイン賞として、暮らしの質の向上を図るとともに、社会の課題やテーマの解決にデザインを活かすことを目的に、毎年実施されています。受賞のシンボルである「Gマーク」は優れたデザインの象徴として広く親しまれています。
http://www.g-mark.org/

  • はてなブックマークに追加

松山経済新聞VOTE

どのようなジャンルの記事に興味がありますか?