天気予報

35

26

みん経トピックス

松山の地下街で絵馬企画東温で猫の日写真展

砥部で恒例「七折梅まつり」 和菓子店とコラボした商品販売も

砥部で恒例「七折梅まつり」 和菓子店とコラボした商品販売も

例年の「七折梅まつり」の様子

写真を拡大 地図を拡大

 砥部の七折梅園(伊予郡砥部町七折)で2月20日から、「七折梅まつり」が開催される。

まんじゅう「七折小梅」

 砥部の特産品「七折小梅」の開花時期に合わせ、2月から3月にかけて毎年開催する同イベント。約30種類、1万6000本の梅が咲き、会場は梅の花の香りに包まれる。期間中の土曜・日曜には、餅つき大会、餅まき、梅の種飛ばし大会などのイベントも予定。

 「梅の種飛ばし大会」では梅の種を飛ばした距離により、梅加工品などを進呈する毎年人気のイベント。日曜10時から受け付け、11時から開始。一般、女性、子どもの部に分けて実施する。

 今年からくずもちの中に七折小梅の甘露煮が入った「七折小梅くずもち」(400円)や甘露煮した小梅と白あんを使ったまんじゅう「七折小梅(3個入り)」(1,000円)を販売する。どちらの商品も和菓子店「清光堂」(今治市東村南)とコラボして開発した。

 ななおれ梅組合加工販売部部長の竹内さんは「現在梅の花は3分咲きで、今月末に見頃を迎えそう」と話す。

 開園時間は10時~16時。入場料は、一般=300円、中学生以下無料。3月10日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

松山・三番町に学生専門バー 店内に用意されたダーツ
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

どのようなジャンルの記事に興味がありますか?

アクセスランキング