食べる 暮らす・働く 学ぶ・知る

松山に絵画教室「アトリエEMIYU」 小中学生対象の夏休み絵画ポスター教室も

松山市駅前、ひぎりやき(澤井本舗)2階の「アトリエEMIYU」絵画教室

松山市駅前、ひぎりやき(澤井本舗)2階の「アトリエEMIYU」絵画教室

  • 5

  •  

 松山に7月17日、絵画教室「アトリエEMIYU」(松山市湊町5)がオープンした。夏休み期間中は小中学生を対象に宿題の絵画ポスターの指導も行っている。

[広告]

 講師の澤井美優さんは東京造形大学を卒業。アトリエの壁面には卒業制作で制作したアート作品が並ぶ。絵画教室では鉛筆デッサンを中心に、小学生から大人まで幅広い層に対応。要望に応じて水彩・油彩も教えるほか、美大受験を目指す中高校生の指導も行う。

 「小さいときから、ものを作ることが好きだった」と話す澤井さん。子どものころから絵画教室に通っていたが、中学生になって美術大学の存在を知り、受験対策で通い始めた美術予備校で6年間、デッサンや油絵などを学んだ。

 「大学では布や繊維を素材に制作するテキスタイルデザインを専攻したが、美術の原点に立ち戻って、絵を描く楽しさを伝えたいと絵画教室を始めた」と澤井さん。「何よりも大切なのは、よく見て描くこと。言葉にすると簡単だが、きちんと見ていないもの、形が分かっていないものはうまく描けない。対象をしっかり観察しながら描いていく中で訪れる『初めての気付きに感動する瞬間』や『みんなが知らないことを発見した喜び』などを大切にしていきたい」と話す。

 美大の受験指導についても、「デッサン力は数をこなして練習で身に付くものではない」と話す。「一番大切なのは、心の根底にある『ものづくりを楽しめる力』。それを大切にしながらデッサンに取り組むことで、目の前の現象に気付くことができるようになる。そうして積み重ねた時間が自信につながり、自分の背中を押してくれる力になる」とも。

 夏休みの宿題の絵やポスター制作を指導する教室は、既に予約が入っているという。「家で絵の具や筆を出して準備をして、というだけで面倒に感じたり、うっかり周囲を汚して叱られたり。そんなきっかけで絵が嫌いになってしまう子どもも少なくない」と、のびのび描ける環境を整えて制作をサポート。最短2回・3時間での完成を目指し、宿題が早く完成したときには、余った時間でデッサンなどの指導も行う。

 澤井さんは「指導ではなく、気付きを導くことを大切に、さまざまなものづくりの楽しさを知ってもらうきっかけを提供したい。まずは楽しく描き、目の前にあるものに気付き、感動してまた描きたくなる。そんな場所になれれば」と笑顔を見せる。

 夏休みの絵画ポスター教室は8月29日までの土曜13時30分~15時。予約制。2回コース(3,000円)と4回コース(5,000円)がある。

 絵画教室は、小学生クラス=土曜13時30分~15時(月2回=3,500円、月4回=6,000円)、中高校生=土曜13時~15時、大人=水曜10時30分~12時(以上、月2回=4,000円、4回=7,500円)。初回は1時間500円の体験授業も行う。予約はインスタグラムのメッセージまたは電話(089-933-0915、10時~14時、木曜定休)で受け付ける。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

松山経済新聞VOTE

どのようなジャンルの記事に興味がありますか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース