天気予報

33

25

みん経トピックス

松山でドキュメンタリー上映松山・陽光桜アンコール上映

松山で書家と額作家のコラボ展 「自然法爾(じねんほうに)」テーマに

松山で書家と額作家のコラボ展 「自然法爾(じねんほうに)」テーマに

「自然法爾」がテーマのコラボ作品

写真を拡大 地図を拡大

 松山・「3ta2 gallery」(松山市高井町)」で1月23日から、展覧会「自然法爾~ジネンホウニ~書と額 白晃×コココlab.(額師風雅)」が開催される。

「自然法爾」がテーマのコラボ作品

 松山市在住の書家「白晃」さんと、「額師風雅」スタッフ「コココlab.(ラボ)」さんによるコラボ展は今回で4回目。会場では、パネル、軸物、立体などの書作品と額作品を展示販売する。

 白晃さんは、「『絵のない額展』という展覧会でコココラボさんの額作品を見た際に、その額に入る作品を書いてみたいと思い、自身の作品をコココラボさんの工房に持ち込んだのがコラボ展開催のきっかけ」と話す。現在、白晃さんは自身の作品すべての表装・額装をコココラボさんに依頼しているという。

 テーマに掲げる「自然法爾(じねんほうに)」は「そのままの姿、真理そのものにのっとってそのごとくある」の意味。白晃さんによると、2年前から習い始めた茶道がきっかけという。茶道を習う中で、和の空間のしつらえに心を引かれるようになり、現代を生きる自分が表現する作品にも自然と和の美意識を求めるものがあることに気づき、コココラボさんと相談しテーマを決定した。

 白晃さんは「私自身の作品は白と黒のモノトーンで構成するシンプルな表現であり、過去3回の作品展ではさまざまな形や表情の額装にデコラティブなものも含めてチャレンジしてきた。今回は和紙のもつ透明性や、しなやかさを表現する工夫や制作過程の生々しさを伝えるため、あえてしわをそのまま生かした額装などさまざまな表現スタイルの挑戦をしている。その中で文字自身や、墨の表情がさらに伝わってくれれば。さまざまな人に見ていただき、それぞれの人の中に何かを残すことができれば」と期待を寄せる。

開催時間は11時~17時。土曜・日曜は18時まで。最終日は16時まで。入場無料。1月31日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

松山・三番町に学生専門バー 店内に用意されたダーツ
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

どのようなジャンルの記事に興味がありますか?

アクセスランキング