3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く

松山で「三津浜演劇祭」今夏初開催へ 3劇団が3演目上演

当日の会場となる株式会社山谷の外観

当日の会場となる株式会社山谷の外観

  • 0

  •  

 松山市三津地区で8月2日、「三津浜演劇祭」が開催される。

当日の会場である旧濱田医院

 大正期の木造建築など、三津浜の地域的特徴を、多くの人に知ってもらおうと開く同イベントは今回が初めて。三津浜地区の3カ所で3団体が3つの演目を披露する。

[広告]

 三津浜商店街の「ふれあいサロン」では、中ムラサトコ&バロンが「のら犬バロンとわたし」を上演、同商店街南の通りにある旧濱田医院ではスギモトタカシによる「スーシーライダー」と劇団たらい回しによる「寿司(すし)」上演。16時30分からは三津浜港フェリーターミナル近くの「山谷」でワールドワイドワークスが「酒呑(しゅてん)」を上演する。

 上演時間それぞれ、「のら犬バロンとわたし」=10時~12時、13時~14時、「スーシーライダー」「寿司」=15時~15時45分、「酒呑」=16時30分~17時30分。

 全ての公演を鑑賞できる通し券は、2,500円(前売りのみ)。 「のら犬バロンとわたし」公演は前売り1500円(当日1800円、子どもは2人まで無料)。「スギモトタカシと劇団たらい回し」公演は前売り1,000円(当日1,500円)。「ワールドワイドワークス」公演は前売り1,000円(当日1,500円)。チケットは、三津浜クリエーターズ、シアターねこ、ワールドワイドワークスで取り扱う。

Stay at Home

松山経済新聞VOTE

どのようなジャンルの記事に興味がありますか?