松山・二番町にパンと洋菓子の店「ペルタ・レクラン」 イートインスペースも

店舗外観

店舗外観

  • 0

  •  

 松山・二番町に4月1日、パン店「PELTA(ペルタ)」と洋菓子店「L'ECRIN(レクラン)」が同居する「ペルタ・レクラン」(松山市二番町3、TEL 089-909-5182)がオープンした。運営は「ありがとうサービス」(今治市)。

店内には焼きたてのパンが並ぶ

 愛媛県出身で昨年まで東京都に店を構えていたパン職人の松井陽明さんと、パリで修業しパティスリー「メランジュ」(大阪府吹田市)やショコラ専門店「パレドオール」(大阪府大阪市)でパティシエとしてのキャリアを積んだ亀田将太さんをシェフに向かえ、パンや洋菓子を提供する同店。

[広告]

 「安心して食べてもらいたい」との思いからギリシャ語で「体を守る盾」を意味する「ペルタ」を、「宝箱を開けるときのようなドキドキやワクワクをお客さんに感じてもらえるようなケーキを作りたい」との思いからフランス語で「宝箱」を意味する「レクラン」という言葉を店名に採用した。

 「出来たてを食べられるように」と店舗の大半を占める厨房(ちゅうぼう)スペースを設置。併設するオープンキッチンでは、職人がパンや洋菓子を作る様子を間近で見ることができる。店内には17席のイートインスペースを設け、その場で作りたてのパンや洋菓子を味わうことができる。

 同店「お薦め」メニューは、長時間発酵の生地を用いたフランスパンや、パンには不向きといわれている愛媛県産の小麦を使用したパン、「ケーク・オ・フリュイ」(1,296円)をはじめとするケーキなど。

 営業時間は10時~18時。

松山経済新聞VOTE

どのようなジャンルの記事に興味がありますか?