学ぶ・知る

松山でトークイベント「Life is Roller coaster」 各世代の活躍者から学びを得る

前回のカラー交流会の様子

前回のカラー交流会の様子

  •  

 愛媛県内で活躍する各世代の話を聞き、チャンスのつかみ方を学ぶ「Life is Roller coaster」が1月27日、マツヤマンスペース(松山市千舟町5)で開催される。

 主催は「色彩を通じた自己表現×相互理解×コミュニケーション」をコンセプトに活動する「カラー交流会」。カラーコーディネーターの竹中優子さんが、「いろいろな人との出会いによって、何か新しいことが生まれ、それぞれの可能性が広がれば」と団体を立ち上げ、活動を始めた。

[広告]

 イベントでは、愛媛県内出身の各分野で活躍している20~50代の4人が、自身の「働くこと」に対する考えや現在に至るまでの歩みを話す。歓楽街の飲食店などの勤務経験を経て岡山理科大学副学長になった秦敬治さんは「人生において働くということ」というテーマで講話を行う。ほかには、外資系IT企業から転職し、飲食店開業準備中の永野浩さん、日本酒のブランディングに挑戦している大学生の濱村駿介さんほか、計4人が登壇する。

 竹中さんは「身近で活躍している人の話を聞くことによって、社会にはたくさんのチャンスがあることを知ってもらいたい」と話す。

 開催時間は14時~17時20分。参加費は、社会人=1,500円、学生=500円。定員は45人。

松山経済新聞VOTE

どのようなジャンルの記事に興味がありますか?