見る・遊ぶ

松山中央公園で「親子で大鬼ごっこ」 楽しみながら運動能力・体力アップ

ランニングコーチから「走り方のコツ」を学ぶ子どもたち

ランニングコーチから「走り方のコツ」を学ぶ子どもたち

  •  

 「親子で大鬼ごっこ」を楽しみながら、体を思い通りに動かすコツなどを学ぶイベントが1月26日、松山中央公園(松山市市坪西町)で開催される。

 スポーツマッチングサイト「クルスポ」(松山市千舟町5)が企画。「クルスポ」では、気軽にスポーツやトレーニングに取り組みたい参加者と、チームスポーツやグループレッスンの場を共有したい個人・法人・団体をつなげる仕組みを提供しているほか、独自にスポーツイベントも企画している。

[広告]

 今回は、小学生とその保護者を対象として、子どもが遊びを通じて楽しく体を動かすことができるプログラムを毎月1種目、連続して提供。第1弾として、「親子で大鬼ごっこ」を楽しみながら運動能力や体力アップを目指すイベントを開催する。

 「鬼ごっこ」の指導を担当するのは、フィットネスクラブ「ひら屋」(此花町1)の代表を勤める平野達哉さん。健康運動指導士やNSCA認定パーソナルトレーナーの資格を持ち、普段は、パーソナルトレーニングを中心とした指導を行っている。今回は20年以上の陸上競技歴を生かして、子どもたちに走り方のコツを伝える。

 平野さんは「鬼ごっこは気軽に楽しめる遊びだが、実は走りながら、瞬発力や持久力をアップさせることができ、球技のオフェンスやディフェンスの練習にもなる。早く走るためのポイントや、体の向きを素早く切り替えるコツなど、個人競技でも団体競技でも使える運動要素が学べて、親子で楽しく体が動かせるイベント。ぜひ気軽に参加してみてほしい」と話す。

 当日は9時45分から受付を行い、10時~11時の間、走り方・瞬発力・持久力のトレーニングと「親子で大鬼ごっこ」を楽しむ。

 対象は小学生。参加費は子ども一人につき500円で、同伴の保護者は無料。雨天の場合は、会場を松山中央公園のスポーツフロア2で開催。イベントの詳細と参加登録の方法は、クルスポのホームページで確認できる。

松山経済新聞VOTE

どのようなジャンルの記事に興味がありますか?