3密を避けて新しい生活様式へ!

プレスリリース

ついハマってしまう今治の魅力をオンラインで体験 「どこでもi.i.imabari!」オープン

リリース発行企業:愛媛県今治市

情報提供:

今治ブランド戦略会議は、「i.i.imabari!(アイアイ今治)キャンペーン」の取り組みの一環として、世界中どこにいてもオンラインで、ついハマってしまう今治の魅力(i.i.imabari!)を体験できる「どこでもi.i.imabari!」を公式ホームページ内に本格オープンしました。今治グルメや今治タオルなどの名産品をお取り寄せできるサイトから、サイクリングや建築など今治の新たな魅力を知ることができるサイトやコンテンツまで幅広く紹介しています。ぜひ、「どこでもi.i.imabari!」を通して今治の魅力に夢中になってみてください。


「どこでもi.i.imabari!」



URL

「どこでもi.i.imabari!」: https://iiimabari.jp/dokodemo-ii.html


カテゴリー一覧

下記カテゴリーにて、様々なサイトやコンテンツを紹介しています。
★ どこでもi.i. グルメ!
★ どこでもi.i. ショッピング!
★ どこでもi.i. ミュージアム!
★ どこでもi.i. ライブラリー!
★ どこでもi.i. フィットネス!
★ どこでもi.i. サイクリング!

各カテゴリー内容紹介



★どこでもi.i. グルメ! 
今治に関する食の通販サイトやレシピなどのリンクを紹介します。海鮮、焼き鳥、フルーツ、スイーツ、B級グルメなど、おいしいものがいっぱいの今治グルメをぜひご堪能ください。



★どこでもi.i. ショッピング!
食以外の通販サイトのリンクを紹介します。今治タオルや、バリィさんグッズをはじめ、今治製品をお買い物できるECサイトなどを集めました。ぜひ今治名産をお楽しみください。



★どこでもi.i. ミュージアム!
今治出身や今治に触発されたアーティストや建築、作品などを集めました。
雄大な大自然のなかで育まれた感性をお楽しみください。



★どこでもi.i. ライブラリー!
今治関連の本・読み物サイトなどを紹介します。
エンタメ、ビジネス、建築、観光…さまざまな角度から今治を知ってもらえるよう、あらゆる分野から本・読み物を集めました。ぜひ興味ある一冊を手に取ってみてください。



★どこでもi.i. フィットネス!
ココロもカラダもリフレッシュでき、簡単にできる運動を紹介します。タオルを使って自宅でできる「今治タオル体操」や今治しまなみスポーツクラブ様による「姿勢がよくなるストレッチ」、FC今治林選手の「股関節のストレッチ」を紹介しています。



★どこでもi.i. サイクリング!
サイクリストの聖地と言われるしまなみ海道。今治サイクリングがわかるコンテンツを紹介します。壮大な景色やサイクリングの爽快感をお楽しみください。

アイアイ今治キャンペーンとは



「i.i.imabari!(アイアイ今治)キャンペーン」は、みんなで今治市を盛り上げ、つい夢中になってしまうような今治の魅力を、広く世界に発信するための活動です。“自転車のまち”今治市の新たなご当地スイーツ今治ブレスト(バリブレスト)を市内13店舗(2020年3月時点)で提供するなど、今治を盛り上げていく取り組みを実施しています。
アイアイ今治公式HP:https://iiimabari.jp/

今治ブランド戦略会議とは

愛媛県今治市は、今治タオルのブランド化による認知度向上やしまなみ海道の活用によるサイクリストなどの観光客数増加により注目を集めています。一方で、各々が独自にプロモーションを行っているため、市全体の魅力やイメージの形成につながらず、若年世代の市外への流出が進むなど、若者を引き付ける魅力が十分に伝えられていないことが課題となっています。そこで2018年10月に、今治市長を会長とし、総合監修にクリエイティブディレクター佐藤可士和氏を迎えた「今治ブランド戦略会議」を設置致しました。
「今治ブランド戦略会議」とは、今治市が国際都市に向けて新たな一歩を踏み出すために、人や企業、組織、衣食住などのライフスタイル、スポーツや文化・デザインなど市内にある様々なコンテンツを一つの魅力ある“ストーリー”として取りまとめ、今治市の認知度や求心力を高める新たなブランドイメージを構築・発信することを目的としています。また、主要なコンテンツに関わる皆様にご参加いただき、戦略会議の場にてアイデアを出し合い、共創型今治モデルを形成することを目指しています。
この共創型を通じて、今治市への人の流れを作り、持続的な地域活性化を図ることができるような、味わい深く魅力的なマスターブランド(都市ブランド)を構築する今治ブランド推進事業を実施して参ります。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

松山経済新聞VOTE

どのようなジャンルの記事に興味がありますか?