3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

松山に野菜食堂「うめにうぐいす」 店刷新でセルフ形式に、カフェメニューも

店内の様子

店内の様子

  • 0

  •  

 松山・久米窪田の野菜食堂「SOHSOHテクノプラザ店」(松山市久米窪田町、TEL 089-997-7678)が2月2日、リニューアルオープンした。新店舗名は「ごはんと喫茶 うめにうぐいす」。

メニュー例

 店舗面積は約70坪で、席数は50席。経営は、県内を中心に「お野菜食堂SOHSOH」を展開するグリーンレーベル(大街道3)。「うめにうぐいす」は同社の新ブランドで、料理をセルフスタイルで提供する。カフェメニューやデザートも用意し、カフェとしても利用できる。

[広告]

 同社飲食事業部部長の栗田さんは「すべて手作りで提供する点は変えず、昼休憩など時間に制限のある人にも利用してもらいやすく、セルフスタイルで楽しんでもらえる店にした」と話す。

 メニューは「ぷりぷりエビとしその湯葉ギョーザ」(280円)、「トリカラねぎソース」(320円)、「みそ汁」(100円)など毎日40品ほど並べており、今後50品に増やす予定。温かいほうじ茶のセルフサービスや電子レンジの利用もできる。蒸し料理は注文を受けてから調理する。テークアウトも可能。カフェメニューはホットコーヒー(380円)、デザートはすべて250円。

 「これまでの健康志向の人をターゲットにしていたが、今後は客層を広げ、施設の研修に来た人やビジネスマンにも利用してもらえる食堂にしていけたら」と栗田さん。

 営業時間は11時~17時(3月1日から21時まで営業)。日曜・祝日定休。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

松山経済新聞VOTE

どのようなジャンルの記事に興味がありますか?