松山の総合案内所「おいでんか」がリニューアル-芸術文化の発信地へ

「おいでんか」が町のアート拠点にリニューアル

「おいでんか」が町のアート拠点にリニューアル

  •  
  •  

 松山中央商店街の総合案内所「おいでんか」(松山市大街道1、TEL 089-998-3533)が6月1日、「アートステーションおいでんか」としてリニューアルオープンした。

 同施設は市街地の活性化を目指して銀天街・大街道の商店街組合などでつくる「まちづくり松山」が2003年に同市湊町3丁目に開いた後、2006年に現在の場所に移転したもので、特産品販売所や案内所、休憩所として使用されてきた。

[広告]

 今回のリニューアルは、芸術文化の発信地を目指して行ったもので、同市中心部の商店街組合や映画、演劇などのNPO法人が連携してギャラリーやシアターとして活用する。

 地下1階は演劇だけでなく、映画や落語なども上演できる多目的シアター、1階は貸しギャラリー、3階は会議室やけいこ場として利用できる。4階には昨年9月、NPO法人シアターネットワークえひめが演劇のけいこ場を開設して劇団に貸し出している。

 「街中に芸術の拠点ができることは大きな魅力になる。芸術文化の発信や、人材育成のために活用してほしい」と担当者。

 オープンを記念し、6月6日~14日にはアートNPOカコアなどの活動を紹介するイベント「人×地域×アートの軌跡展」の開催も予定。

  • はてなブックマークに追加

松山経済新聞VOTE

どのようなジャンルの記事に興味がありますか?