見る・遊ぶ 暮らす・働く 学ぶ・知る

愛媛の若手ベンチャー「ロコフル」ネットとリアルを融合させた新たな展開

バイトアプリ「CONET」と連携し、新たな「つながり」を生む場所として松山市二番町に開店した「Standing Bar 500」

バイトアプリ「CONET」と連携し、新たな「つながり」を生む場所として松山市二番町に開店した「Standing Bar 500」

  •  
  •  

 求人情報サービスなどを手掛ける「ロコフル」(松山市千舟町5、TEL089-997-7525)が8月25日、口コミ型のアルバイト検索アプリ「CONET(コネット)」に新機能を加えアップデートした。

 バイトアプリと連携して、新たなつながりを生む場所「Standing Bar 500」(二番町2)を同23日にオープン。9月中旬以降は週末を中心に、愛媛県内の企業経営者などをゲストに招いてのトークセッションやマッチングイベントの開催を予定している。

[広告]

 社長の山崎友雅さんは、愛媛県今治市出身の24歳。大学在学中に起業し「『心理×データ』でココロをハックし、一人一人に最高の楽しいや感動をお届けする」をミッションに掲げ、採用・エンターテイメント・動画・SNSプロモーションなどの領域でさまざまな事業を展開している。

 「コネット」はアルバイト先を、業種や場所、給与などの「データ条件」ではなく、「価値観の合う人が働いている、趣味など共通点を持つ人がいる」など求職者の趣味趣向や興味をベースに探すことができる、口コミ・紹介型のバイト求人アプリ。写真や動画情報を充実させ、若年層の利用者が直感的に使いやすい設計にこだわった。

 2018(平成30)年4月にウェブ版のサービス提供を開始。今年6月には有料職業紹介事業免許を取得し、同月、iOS向けアプリをリリースした。今回のアップデートでは、利用者がバイト先に関する口コミ情報を投稿できる機能を追加したほか、採用側に向けても「CONET経由の1人目の採用無料」とするサービスを開始した。

 山崎さんは「飲食店などの個人商店や小規模事業者にとって、求人情報誌などへの採用広告の掲載は、費用面でハードルが高い。『CONET』では、求人側の利用登録と1人目の採用を無料とし、2人目以降の採用で料金が発生する成功報酬型の料金体系にすることで、求人に関するコストを最適化しようと考えた」と話す。

 「小規模事業者の潜在的なアルバイト求人ニーズは、非常に多いと感じている。求職者側も、バイト先の雰囲気や一緒に働く仲間のことを、同じアルバイト仲間が発信する情報として事前に知ることができれば、安心感を持って応募することができる。『楽しそう』と感じることが応募のきっかけになる例も多く、採用後の定着率向上にも貢献することができるのではないか」とアップデートの手応えを語る。

 今後は「アプリを開けばいつでも、そのときの自分にぴったりはまるオススメ情報が提供されるサービス」の開発を目指しており「人とモノ、人と人、人と旅先など、さまざまな出会いとマッチングの機会を提供したい」とも。

 「CONET」事業は、同社が運営する、ローカルインフルエンサー・クリエイターズ・プロダクション「biright(ビライト)」や、愛媛の高校生・大学生にターゲットを絞ったインターネットチャンネル「Ehimeアオハルチャンネル」などとの相乗効果に加え、公式ツイッター「EhimeバイトTV」をはじめとするSNS情報発信で利用者層の拡大を進めており、3年以内に、100万ユーザー登録、年間5万マッチング規模への成長を目指す。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

ピックアップ

松山経済新聞VOTE

どのようなジャンルの記事に興味がありますか?