食べる

中山の老舗「かなます旅館」でイタリアンコース Uターン夫婦が週一で提供

知輝さん・なつみさん夫婦。「かなます旅館」で月曜限定のイタリアン・コースメニューに腕を振るう

知輝さん・なつみさん夫婦。「かなます旅館」で月曜限定のイタリアン・コースメニューに腕を振るう

  • 35

  •  

 伊予市中山町の「かなます旅館」(伊予市中山町出渕、TEL 089-967-0104)がイタリアン・コースメニューの提供を始め、地域の若い人を中心にSNSなどで話題になっている。

中山町「かなます旅館」が月曜限定で提供する本格イタリアンランチコース

 金桝勝利さん・敦子さん夫婦が営む同館は、中山町の山間部で明治時代から営業を続ける老舗。ホタルがすむ自然豊かな中山町で「癒やしの休日」をコンセプトに、古民家宿として旅行者やレジャー客らを迎えるほか、仕出し料理の提供や宴会の場として地域に愛され営業を続けてきた。

[広告]

 今年5月、「いつかは地元に帰りたいと考えていた」という長男の知輝さん・なつみさん夫婦がUターン。7月から月曜限定で予約制のイタリアンレストランの営業を始め、本格的なコース料理とデザートを提供している。

 知輝さんは県内の料理店で10年間修業を積み、現在は松山市内の飲食店に勤務しながら休日に実家の「かなます旅館」で月曜限定のイタリアンレストランを開く新しい働き方に挑戦。奥さんのなつみさんも、松山市内や関西の店で9年にわたって経験を積んだプロのパティシエとして、コース料理のラストを飾るスイーツに腕を振るう。

 「引っ越し当初は自分たちの暮らしのことしか考えていなかったが、昔は活気のあった商店街がすっかり寂しくなっていて、少しでも自分にできることはないかと考えるようになり、両親が経営する旅館で、この地域にはないイタリアン・コースメニューの提供を始めた」と知輝さん。

 コース料理には、自宅で育てたハーブや地元産の素材も使用。なつみさんが腕を振るうデザートでは、特産の中山栗をふんだんに使った「モンブランとケーキ、ヌガーグラッセのデザート盛り合わせ」など、中山町ならではの旬を楽しめる限定メニューも提供する。

 「中山に新しい風が来た」と喜ぶのは、オープン直後の7月に訪れた伊予市在住の女性。「町内で本格的なイタリアンが食べられるなんてうれしい。知輝さんとなつみさんの料理は本当に愛情たっぷり。2人の人柄も気さくで温かく、また食べに来たい」と老舗旅館の新しい試みに期待を寄せる。

 ランチコース=1,500円、ディナーコース=2,000円~で、共に前菜・スープ・メイン・デザートと飲み物が付く。予約は電話で受け付ける。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

松山経済新聞VOTE

どのようなジャンルの記事に興味がありますか?