食べる 見る・遊ぶ

伊予市「花の森ホテル」で今年も限定「栗尽くし会席」 GoTo対象宿泊プランも

衣や生地にも栗が練りこまれ、まさに栗ずくめの「栗懐石」メニュー

衣や生地にも栗が練りこまれ、まさに栗ずくめの「栗懐石」メニュー

  • 9

  •  

 花の森ホテル(伊予市中山町、TEL 089-967-1666)が今年も10月19日、季節限定メニュー「匠の技によるこだわりの栗尽くし会席」の提供を始めた。

 「栗尽くし懐石」は15年以上続く同施設の人気メニュー。新鮮な「中山栗」をふんだんに使い、例年2週間ほどしか味わえない旬の味覚として提供を心待ちにしているリピーターも多いという。

[広告]

 揚げ衣やソース、生地に練りこむなどの工夫を凝らし、刺し身以外ほぼ全てのメニューに中山栗を使っている。「テレビでも紹介していたので今年こそ行ってみたい」と話すのは、同施設近隣在住の中山栗生産者。「自宅では栗の甘露煮やご飯、渋皮煮など、いつも同じ調理法ばかりになってしまうので、幅広いアレンジや活用法が気になる」とプロのレシピに期待を寄せる。

 ランチの「栗会席」は3,240円、ディナーコースの「和風洋栗会席」は5,400円。「GoToトラベルキャンペーン」の対象となる「栗尽くし懐石」付きの宿泊プランも用意する。

 提供時間は、ランチ=11時~14時(水曜定休)、ディナー=17時30分~20時(前日までの要予約)。限定メニューの提供は今月31日まで。

  • はてなブックマークに追加

松山経済新聞VOTE

どのようなジャンルの記事に興味がありますか?