食べる 学ぶ・知る

松山にランチと飲茶の店「リンジーズ」-ツイッター活用し店作り

「ランチと飲茶の店 リンジーズ」外観

「ランチと飲茶の店 リンジーズ」外観

  •  

 松山・森松の県道194号線沿いに11月23日、「ランチと飲茶の店 リンジーズ」(松山市森松、TEL 089-956-4545)がオープンした。

「リンジーズ」店内。店主の三好加奈子さん

 席数は9席。店主の三好加奈子さんは、自分で建てた店を経営したいと大工の勉強をするため半年間教室に通った。「実際建てるとなると難しくプロの大工に頼んだが、室内は自分や知り合いの手を借りて塗装した」と三好さん。店名の「リンジーズ」は、以前大学の研究員として勤めていた際に知り合ったアメリカ人女子留学生の名前からとったもの。

[広告]

 「この店はツイッターでできた店」と三好さんはいう。三好さんの現在のフォロワーは約2,200人を超えている。店舗準備の際、キャラクターデザインや事業計画書、うどんのだし汁の採用などツイッターを通して知り合った人から力を借りたという。12月末までツイッターをしている人限定で「ツイッター割引」も予定している。

 13時30分までは「パスタランチ」「ご飯ランチ」(各500円)を、13時30分からは三好さんが考案し、野菜のシャキシャキ感を残したまま食べられる「まつやま春巻き」(300円)などを提供する。12月からは「焼きシューマイ」(300円)も始めた。

 「日替わり店長制度」も採用する同店。飲食店経営を体験したいという人に店ごと貸し出し、売り上げは全て当日の店長のものになる仕組み。「今月はうどん屋さんをやってみたいという人の予約が入っている。チャレンジしてみたいという人には気軽に使ってもらえたら」と三好さん。料金は半日=5,000円、終日=1万円。

 営業時間は11時~18時30分。水曜定休。

松山経済新聞VOTE

どのようなジャンルの記事に興味がありますか?