松山・粟井にお好み焼き店「和」-オリジナル「広島風粟井焼き」も

オープンした「お好み焼き 和」外観

オープンした「お好み焼き 和」外観

  •  
  •  

 松山・粟井に7月31日、オリジナル「広島風粟井焼」を提供する「お好み焼 和」(松山市磯河内、TEL 089-994-0228)がオープンした。

「落ち着いた」和風に仕上げた店内

 店舗面積は約10坪で、席数は16席。同店を経営する山口和也さんは、10年ほど前から粉物を使った飲食店を開きたいと考え始め、前職の退職を機に出店を決意。粟井地区にはお好み焼きがなく、「(地元の人が)気軽にお好み焼きを食べたり、交流したりできる場になれば」と、生まれ育った自宅の一部を改装した。女性客にも気軽に利用してもらいたいと「落ち着いた」和風の店内に仕上げた。

[広告]

 また、粟井地区の名物料理を同店から発信しようと地元の食材も研究。同地区の水産会社の協力などを得て、北条沖でとれた「ちりめんじゃこ」「銀鱗イリコ」などのブランド食材を使い、風味を生かしたお好み焼きを提供する。そのほか、ドリップ(=肉汁)がほとんど出ず、鮮度を保つことのできる西条・丹原のブランド豚を仕入れている。

 同店で提供するお好み焼きは全て「銀鱗イリコ」を粉末にして入れたお好み焼きをベースにしている。メニューは豚肉、卵、そば、キャベツの「広島風和焼き」(580円)、和焼きにちりめんじゃこを加えた「広島風粟井焼き」(630円)、半熟卵をネギで囲んだお好み焼き「月見ねぎ」(780円)、粟井焼きにエビやイカなどシーフードを加えた「海~ゴ」(730円)など。そのほか、サイドメニューや鉄板焼き(17時以降)も用意する。テークアウトも可能。

 山口さんは「女性客や家族連れ、サラリーマンなど、多くの人に来てもらいたい。粟井焼きを地元・粟井を盛り上げられる・活性化させられるような名物にしていけたら」と意気込みを見せる。

 営業時間は11時~14時、17時~21時30分。水曜定休。

  • はてなブックマークに追加

松山経済新聞VOTE

どのようなジャンルの記事に興味がありますか?