プレスリリース

デンカシンキの『太陽光発電PPAモデル フリーソーラープロジェクト』有明エナジーの電気料金プラン導入

リリース発行企業:株式会社デンカシンキ

情報提供:

PPAモデル(第三者所有モデル)で、国内に4,000件を超える実績をもつ、株式会社デンカシンキ(本社:愛媛県松山市/代表取締役:木村賢太、以下デンカシンキ)は、昨今高まりを見せるPPAモデルのニーズに応えるべく、2020年12月25日に三井物産グループである有明エナジー株式会社(本社:熊本県荒尾市/代表取締役:久保宏幸、以下有明エナジー)とビジネスパートナー契約を締結。従来の電気代より最大9%安い電気料金プランにて、2月上旬より提供を開始する。


全国に約4,000軒の実績をもつフリーソーラープロジェクト
デンカシンキは、スマートグリッドが浸透する社会では、より多くの太陽光発電所オーナーが必要と考え、2016年からフリーソーラープロジェクトと名付けたPPA事業を業界の中でも先駆けて始動した。

全国の住宅オーナー様に無料ソーラーパネルを設置することを提案し、4年余りで、累積設置数が約4,000軒まで提供されている。
そして、2020年12月に有明エナジーとビジネスパートナー契約を締結したことで、無料でソーラーパネルを設置いただくだけでなく普段、需要家(お客様)が使用される電気料金もより安価で提供することが可能となる。


今回、有明エナジーが、フリーソーラープロジェクトの太陽光発電システム所有者となることに加え、需要家(お客様)に現在の電力会社から有明エナジーへと電力契約を切替ていただくことにより、最大9%の電気料金の削減が見込める。
※新電力会社等から提供されている多様な電気料金プランに対しては、電気料金の削減が見込めない場合もある。
対象エリア:東北・関東・中部・関西・中国・四国・九州

■フリーソーラープロジェクトとは
フリーソーラープロジェクトによりソーラーパネルを屋根に取り付けると、設置当初は、有明エナジーがシステム所有者となり、住宅オーナー様には設置費用はかからない。つまり無料で設置ができる。
そして、弊社が開発した発電決済という決済方法のもと設置より15年以内で、太陽光発電システムが有明エナジーから住宅オーナー様へ無償譲渡される。


フリーソーラープロジェクトURL:https://www.f-s-p.co.jp/



デンカシンキは、無償譲渡が見込める2030年代には、これまでの経済力などに関係なく数多くの住宅オーナーが太陽光発電所オーナーとなり、再生可能エネルギーの電力を融通しあう、スマートグリット社会を目指すことができるものと考えている。





■株式会社デンカシンキとは
2000年に設立された株式会社デンカシンキは、PPA事業であるフリーソーラープロジェクトを中心とした事業者です。太陽光発電所の設置・運営のほか、「株式会社再エネ思考電力」にて電力小売事業も営んでおります。
URL: http://sinki.jp/

■有明エナジー株式会社とは
三井物産(株)、(株)グローバルエンジニアリング、荒尾市は2017年11月、「地域エネルギーの有効活用等を中心としたまちづくりに関する連携協定」を締結し、それを受けて2017年12月、三井物産(株)、(株)グローバルエンジニアリングの共同出資により有明エナジーが発足いたしました。両社の協業により民間ならではの知見やノウハウを活かし、地域の経済をさらに発展させるべく、小売電気事業を幹として次世代モビリティ、公共インフラの活用などに活動を広げています。
URL: http://ariake-energy.co.jp/

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社デンカシンキ
広報 前田洋孝<マエダヒロタカ>
TEL:089-905-6575
E-mail:maeda@sinki.jp

  • はてなブックマークに追加

松山経済新聞VOTE

どのようなジャンルの記事に興味がありますか?