砥部で「七折梅まつり」 試食販売会、梅干しの種とばし大会も

例年の「七折梅まつり」の様子

例年の「七折梅まつり」の様子

  •  

 砥部の七折梅園(伊予郡砥部町七折)で2月20日、「七折梅まつり」が始まった。主催は、ななおれ梅組合、砥部町観光協会。

 砥部の特産品「七折小梅」の開花時期に合わせ、2月から3月にかけて毎年開催している同イベント。

[広告]

 園内には約30種類、1万6000本の梅が咲き、会場は梅の花の香りに包まれる。梅の花を楽しもうと、昨年は約1万4000人が会場に足を運んだ。

 期間中、農産加工品の試食販売を行うほか、土曜・日曜には、餅まき大会、梅干しの種飛ばし大会、「木育ひろば」コーナーなどを展開する。

 同イベント担当者は「今年もきれいに花が咲いている。会場に足を運んで楽しんでほしい」と話す。

 開園時間は10時~16時。入場料は、一般=300円、中学生以下無料。3月10日まで。

松山経済新聞VOTE

どのようなジャンルの記事に興味がありますか?