3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 買う 暮らす・働く

松山市でLINEを活用した配達サービス「松山-弁当デリバリ男くん」始動

「松山-弁当デリバリ男くん」のイメージロゴと、LINEアカウントQRコード

「松山-弁当デリバリ男くん」のイメージロゴと、LINEアカウントQRコード

  •  
  •  

 新型コロナウイルス流行の影響を受け、飲食店のテイクアウト利用機運が高まる中、LINEを活用した配達サービス「松山-弁当デリバリ男くん」が4月20日にスタートした。

 サービスを考案したのは、ロコフル(松山市千舟町5、TEL 089-904-9118)社長の山崎友雅さん。外食需要が減少する中、工夫を凝らし、さまざまなテイクアウトメニューの開発を行っている松山市内の飲食店を応援したいと運営を開始した。

[広告]

 配達を依頼したい人は、「弁当デリバリ男くん」をLINEで友達に追加し、名前と住所、店名、届けてほしいメニュー、個数や配達希望時間などをメッセージで連絡する。配達料は一件あたり300円で店側の費用負担はなく、注文した人が料理の代金とともに配達料をスタッフに支払う仕組み。

 「このような状況なので、店側に金銭的な負担は掛けたくないという思いがあった」と山崎さん。「市内の飲食店は苦しい状況の中、工夫を凝らして多種多様なテイクアウトメニューを開発しているが、特に小規模な飲食店にとって、常時対応可能な配達スタッフを確保するのは簡単ではない。松山市内の学生層を中心としたアルバイト人材の手配に強みを持っている弊社が何か役に立てることはないかと考え、サービスの提供を開始した」と話す。

 「飲食店のデリバリーメニューだけでなく『コンビニ弁当を温めて持ってきてほしい』などの要望にも対応する」と山崎さん。「飲食店をサポートするとともに、休校中の子どもを見守っていて簡単に外出できない親御さんや、厳しい状況の現在も社会になくてはならない仕事に携わっている人など、多くの人においしい料理を手軽に味わい、リフレッシュする機会を提供できればうれしい」と熱意を語る。

 1回あたりの配達料金は、3人前までで一律300円。ランチは毎日12時、ディナーは18時30分に注文を締め切り、その後、12時~13時30分と18時30分~20時30分の間に配達を行う。当面の間、配達エリアは北条、砥部、島しょ部を除く松山市内に限定。昼30件、夜30件の1日60件まで申込みを受け付ける。今後順次、配達範囲と件数を拡大する予定。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

松山経済新聞VOTE

どのようなジャンルの記事に興味がありますか?