松山大街道にメンズセレクトショップ-千舟町から移転、ショールーム風に

「bunny’s showroom」外観

「bunny’s showroom」外観

  •  
  •  

 松山大街道商店街に3月3日、メンズセレクトショップ「bunny’s showroom(バニーズショールーム)」(松山市大街道2、TEL 089-935-8326)がオープンした。

店内の様子

 松山・千舟町のセレクトショップ「RE.STITCH」が移転しリニューアルした同店。オーナーの平岡さんが10年前に店を始めた時はビルの屋上のフリーマーケットだった。その2年後に同ビル2階に移り、3年後に同店の前身である「RE.STITCH」を同ビル1階に開いた。

[広告]

 店名はバイヤーとして海外を飛び回る平岡さん自身の様子と平岡さんが趣味で乗る自転車のトリックでジャンプするという意味の「バニーホップ」をかけた「bunny(バニー)」と、「展示会場(ショールーム)」のような空間作りを目指していることから命名、移転する度に店名を変更している。平岡さんは「自分では名前が変わることに違和感はなく、現代版の元服のようなイメージ。バイヤーのお店的な名前にしたかった」と話す。平岡さんは2ヶ月に1度買い付けのため、アメリカを訪れている。

 「利用者がより快適に買い物ができるような空間を目指して設計した」と平岡さん。店内の什器も全てオーダーで製作した。

 アイテム数は約150点で、価格帯は1,800円~5万円ほど。主な取り扱いブランドは「THE NORTH FACE」「MARC JACOBS」「Polo RalfLauen」「Levi’s」「OLD NAVY」「HUF」「VANS」「New ERA」「CRANK」「W-BASE」など。主な商品は「Polo RalfLauen」のシャツ(1万3,800円)、「MARC JACOBS」のバッグ(7,800円)などの、春物・明るめのものを取りそろえる。レディスは小物のみを取り扱う。

 営業時間は11時~20時。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

松山経済新聞VOTE

どのようなジャンルの記事に興味がありますか?