松山に「ペットシッターサービス」登場-四国初のFC店が開業

ペットシッターサービスを始めた長尾真二さん

ペットシッターサービスを始めた長尾真二さん

  • 0

  •  

 松山に4月20日、「日本ペットシッターサービス松山店」(松山市堀江町、TEL 089-978-1235)がオープンした。四国への展開は初めて。

 「日本ペットシッターサービス」は北海道から九州まで、全国70店舗以上を展開するチェーン店で、100人以上のプロのペットシッターが飼い主に代わりペットの世話を行っている。同店はFC店で、経営は印刷業を手掛ける長尾真二さん。

[広告]

 長尾さんがペットシッターを始めたきっかけは、長尾さんが買っているペットが内気な性格で、美容院に連れて行くだけでもぐったりしてストレスを抱えていたという体験からだったという。

 「ペットによって異なるが、長期留守にする場合にペットホテルなどに預けると、普段の環境と大きく変わりストレスを抱える子もいる。自分が困っていたのできっと他にもこうした問題で困っている人がいると考えた」と長尾さん。

 ペットシッターサービスはペットがストレスを感じないよう、普段住み慣れた環境で、散歩や餌やりなど飼い主に代わり、同じように世話を行う。シッター中の写メール送信サービスのほか、「ペットシッター補償制度」に加入している。現在、松山店のシッターは愛犬飼育管理者の資格を持つ長尾さん一人。今後依頼が増えてくればスタッフも増やしていく予定だという。営業地域は松山市周辺。

 「旅行に行く時、急な出張の場合、自営業でペットの世話ができない時、病気やけがなどで動けない時などに気軽に利用してもらえれば」と長尾さん。

 中型犬のシッター料金は、基本料金=3,000円、追加1匹=1,500円。サービスは1回1時間が基本だが、希望により相談にも応じる。初回登録料は一律1,000円。

松山経済新聞VOTE

どのようなジャンルの記事に興味がありますか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース