天気予報

28

19

みん経トピックス

伊予で夕焼けコンサート松山のアジア料理店が移転

松山・城山公園で「えひめ県民祭」 100ブースで愛媛の魅力発信

松山・城山公園で「えひめ県民祭」 100ブースで愛媛の魅力発信

昨年の様子

地図を拡大

 松山・城山公園(松山市堀之内)で9月2日・3日、「第2回えひめ県民祭~ええもんフェスティバル~」が開催される。

みかんアートの様子

 「愛媛の『いいもの』を知ってほしい」というコンセプトの下、「食」「スポーツ」「ステージ」「子ども」などのゾーンに分け、それぞれで愛媛の魅力が体感できるようにする同イベント。飲食店、美容・健康、クラフト、雑貨、アートなど会場全体で100を超えるブースが出店を予定する。

 JA全農えひめによるゾーンではミカンの皮を使って描く参加型の「みかんアート」「みかんの皮投げ」を実施。2000個のミカンを来場者に無料配布する予定だ。ステージゾーンでは、愛媛のご当地キャラクターが集合するほか、「ひめころん」による漫才、アームレスリング大会、よさこい連祭彩華による演舞、津軽三味線の演奏などを予定する。

 実行委員の猪羽由秀さんは「愛媛のいいものを集めて、実際に触れてもらうことで愛媛の良さをアピールできれば」と意気込む。

 開催時間は10時~17時。入場無料。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アイテムえひめで「ものづくりフェスティバル2017」 昨年のイベントの様子
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

どのようなジャンルの記事に興味がありますか?

アクセスランキング