フォトフラッシュ

第12期砥部焼陶芸塾修了展、矢野修一さん作品の一部

矢野修一さんの作品の一部。元々は石こう型を使った鋳込み成形などを中心に作品づくりを行っていたが、「砥部焼陶芸塾」の2年間で、精度の高いろくろ成形の技術を習得。急須(きゅうす)など、難易度の高い作品も展示されいる。

  •  
  •  

「砥部焼陶芸塾修了展」が3月14日から開催され、第12期修了生の矢野修一さん、山崎正子さんの作品を展示している。

  • はてなブックマークに追加
SmartNews Awards 2019

松山経済新聞VOTE

どのようなジャンルの記事に興味がありますか?