3密を避けて新しい生活様式へ!

フォトフラッシュ

第12期砥部焼陶芸塾修了展、山崎正子さんのメイン作品

会場入口に展示された100個のマグカップは、ろくろ技術の精度向上を目指して山崎さんが取り組んだもの。「同じ形を目指して作ったが、上から見るとわずかに円が歪んでいるものも。陶器の形は、成形だけでなく焼成の過程などにも影響を受ける。改めて奥の深さを感じる」と話す。

  •  
  •  

「砥部焼陶芸塾修了展」が3月14日から開催され、第12期修了生の矢野修一さん、山崎正子さんの作品を展示している。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

松山経済新聞VOTE

どのようなジャンルの記事に興味がありますか?