フォトフラッシュ

個人の畑に植えられたフジバカマにもアサギマダラが飛来する

夏から秋にかけて、アサギマダラが好んで蜜を吸うフジバカマ。伊予市の山間部では犬寄峠の「黄色い丘」をはじめ、個人の畑などにもフジバカマが多く植えられ、旅するチョウが羽を休める。見頃は例年、10月10日前後の1週間ほど。雨が降ると飛ばないなど、アサギマダラとの出会いは日々の天気にも左右されるやめため、乱舞する姿を見られたときの感動はひとしお(上岡宏美さん撮影)

  • 0

  •  

長距離を移動するため「旅するチョウ」として知られるアサギマダラが飛来シーズンを迎え、犬寄峠の「黄色い丘」(伊予市双海町上灘)付近の住民らが今年もチョウの訪れを心待ちにしている。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

松山経済新聞VOTE

どのようなジャンルの記事に興味がありますか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース