見る・遊ぶ

えひめこどもの城で「こみきゃん」誕生1周年記念イベント ゆるキャラ大運動会も

こみきゃんお披露目イベントの様子(2018年10月20日撮影)

こみきゃんお披露目イベントの様子(2018年10月20日撮影)

  •  
  •  

 愛媛県のイメージアップキャラクター「こみきゃん」の誕生1周年記念イベントが10月20日、えひめこどもの城(松山市西野町)で開催される。

 こみきゃんは、2018(平成30)年10月20日に「子どもたちの元気な愛顔(えがお)がぎゅ~っと集まって」誕生。チャームポイントである、うるうるした瞳と赤いほっぺ、頭に生えた若葉のキュートな魅力を武器に、2011(平成23)年11月11日に誕生した「みきゃん」や、意地悪にしつこくみきゃんの邪魔をする「ダークみきゃん」と共に、愛媛の魅力をアピールする活動を行っている。

[広告]

 イベントには、みきゃんやダークみきゃんをはじめ、県内各地から「はに坊(愛媛県歴史文化博物館)」「とべっち(砥部町)」「いのとん(東温市)」をはじめとする12体のゆるキャラが集合。当日は、10時に始まるゆるキャラたちのグリーティングや、こみきゃんへの誕生日プレゼント贈呈式に続き、13時からは運動会も開催され、12のキャラクターが、2チームに分かれて紅白戦を繰り広げる。

 運動会には、来場者も参加可能で、参加可能な競技と定員は、風船割り(小学1年生12人)、おしりふりふり対決(小学2、3年生12人)、かけっこ(幼児20人)、リレー(小学4~6年生12人)のほか、幼児から大人まで合計80人で競う綱引きなど。最後を飾る競技「サッカー対決」では、ゆるキャラたちが奮闘する姿を応援して楽して楽しめる。

 えひめこどもの城スタッフの古澤智さんは「こみきゃんのお誕生日祝いなので、当日は芝生広場にお祝いメッセージ作成ブースを設置し、メッセージを寄せてくれた人にはお礼にお菓子をプレゼント。寄せられたメッセージはボードへの掲示も予定している。運動会は2チームに別れて競う紅白戦だが、こみきゃんはどちらのチームにも入らず、自由にあちこち動き回って競技を盛り上げてくれる。キャラクターとのふれあいタイムやマツヤマンによるキャラクターショーなど、一日を通して楽しめるイベントを用意しているのでぜひ遊びに来てほしい」と話す。

 運動会の参加者受け付けは、当日12時から芝生広場で行い、先着順。参加無料。雨天時は、あいあい児童館内で開催する。

  • はてなブックマークに追加

松山経済新聞VOTE

どのようなジャンルの記事に興味がありますか?